スマートフォン表示にもどる

社長メッセージ

タクシーコールセンター
横浜 045-471-6000
八王子 042-364-6000
埼玉 049-274-4000
府中 042-364-6000
小平 042-364-6000
東京 03-5755-2151
陣痛119番
定額サービス

運輸安全マネジメント

三和交通グループでは、輸送の安全確保を最優先に考えております。
企業の社会的責任として、利用者に安全、安心、快適な輸送サービスを提供するために法令遵守(コンプライアンス)、安全管理体制の確率が求められています。
旅客自動車輸送事業を運営管理するシステムとして、運輸安全マネジメントの推進を事業活動の中心として位置づけ、次に基本方針を定めました。

1.輸送の安全に関する基本方針

三和交通株式会社は
安全・安心をモットーに
心のこもったおもてなしで地域住民の足となり
常に全社員が質の向上に努め
地域で一番やさしいタクシーを目指して活動する

2.輸送の安全に関する重点施策

  1. 1. 輸送の安全に関する法令及び社内規定を遵守します。
  2. 2. 輸送の安全に関する費用及び投資を効率的に行ないます。
  3. 3. 輸送の安全に関する年2回の内部監査を行い、必要な場合、是正措置及び予防措置を行ないます。
  4. 4. 輸送の安全を確保するための社員教育及び研修・管理・コミュニケーションの強化を図り、旅客運送事業に携わる者として当事者意識の醸成に努めます。
  5. 5. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、必要な情報の共有に努めます。
  6. また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表します。

3.輸送の安全に関する目標及び達成状況

目標

  1. 1. 重大事故ゼロ、事故件数前年比10%減
  2. 2. 放置駐車、速度超過の撲滅
  3. 3. 最高乗務距離、労働時間の厳守

自動車事故報告規則第2条に規定する、事故に関する統計及び前期目標の達成状況

4.輸送の安全に関する計画

5.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

6.安全管理規定・安全統括管理者

2. 安全統括管理者 常務取締役 橋本 信之

7.輸送の安全に関する重点施策の実施状況(平成27年度)

(1)運行管理の徹底について

  1. 1. 各地区事業所で重点項目を決めて、運行管理者が出庫時にアルコールチェックを行い、出庫前に乗務社員との対面での点呼を行い、
    妥当性確認を実施しております。
  2. 2. 乗務記録ならびに運行記録計の解析を行い、日々の指導教育に重点を置くことを徹底しています。

(2)整備管理の徹底について

  1. 1. 運行前の日常点検整備(法47条)を徹底します。また、定期的に運転者、管理者、整備士による車両総点検を実施して、保守管理に努めています。

(3)事故防止への取り組みについて

  1. 1. 事故防止委員会を開催し、事故防止委員、教育担当者及び運行管理者が事故原因や防止に関して話し合い、再発防止に取り組んでいます。
  2. 2. 事故特別研修会を開催し、運行管理者、事故発生者が事故原因及び防止策を話し合い、また必要により添乗教育を実施して再発防止に取り組んでいます。
  3. 3. 毎月開催される集合教育において、事故警報及び他社をも含む事故事例を示し、事故防止に取り組んでいます。

(4)運転者の健康管理、過労防止について

  1. 1. 定期健康診断の結果に基づき乗務社員に対して個別指導を行っています。また、必要により睡眠時無呼吸症候群の検査を専門機関と協力しながら取り組んでいます。

(5)社内でのコミュニケーションについて

  1. 1. 全体では、所長会議、管理無線会議、事故整備会議を、各地区事業所では、営業会議、事故・違反防止委員会、サービス接遇委員会、班長会議、それぞれ開催いたしました。

8.輸送の安全に関する機器導入等の実績(平成27年度)

車両老朽取替(アイドリングストップ車の導入)
高感度ドライブレコーダへの更新

9.事故・災害等に関する報告連絡体制

10.輸送の安全に関する教育及び研修

  1. 1. グループ全体では、新入社員研修、各地区事業所では、新任乗務社員教育及び接客研修及び集合教育を実施しました。
  2. 2. 適性診断の活用をしました。
  3. 3. グループ全体において、接遇サービスコンクールを実施しました。

11.輸送の安全に関する内部監査

  1. 1. 平成26年中に7事業所を対象に内部監査を実施いたしました。
    監査内容につきましては、運行管理体制をはじめ乗務社員の勤務状況が関係法令や社内規程に照らし、適切に処理されているか、安全運転や健康管理についての指導状況や関係帳票が適正に管理、保管されているか等について監査をいたしました結果、良好である事を確認いたしました。

ドライブレコーダーを用いた教育

全車両に装備されているドライブーレコーダーの実際の事故映像を用いた教育を行っております。
実際に自分の事故を振り返り、どうすれば防ぐことが出来たかを検証することで、事故撲滅を目指します。

アルコールチェック

最新アルコール検知器の導入

社員番号と顔写真を利用した最新のアルコール検知器を導入いたしました。

事故・違反防止委員会

毎月定期的に開催されており、各営業所にて事故違反防止委員を認定。様々な事故や違反の原因を究明します。
事故・違反映像を元に皆で意見を出し合い、事故をなくすためにはどうすればいいかについて話し合います。

添乗指導

新人乗務社員はもちろんのこと、事故惹起者を含め必要に応じて添乗指導を実施しています。
運行管理者が添乗することにより、自分の運転の癖や足りない部分を指摘していきます。

健康管理

深夜業に従事する者として、年2回の健康診断を受診する他に定期的に適性診断を受診することで、病気や無呼吸症候群のリスクに備えます。
必要に応じて産業医の指示を受け、常に万全の状態で乗務できるよう取り組んでおります。

後部座席シートベルト着用の推進

現在、三和交通グループでは、お客様に安全な輸送を提供するため、後部座席シートベルト着用をお願いしてしております。

シートベルト未着用の場合、後席乗員が重傷以上になる確率が高く、車外放出の危険があります。
後部座席シートベルトの着用をお願いいたします。

車両整備

各営業所の自社整備工場において車両故障及び、それに伴う事故を未然に防ぐため、定期的に車両メンテナンスを行なっています。 常に最良のコンディションで運行ができるよう万全の態勢を整えています。 エアガレージにおいてはトヨタサービス指定工場となっております。

ページの先頭へ