スマートフォン表示にもどる

先輩ドライバーの声

2009年6月入社 吉田 政義(50歳):接遇マナーへのこだわりが、この会社に入った 一番の決め手です。

タクシードライバーを志望したきっかけは?

私は前職で建築士を自営でやっていたのですが、細かなことまで全て自分でやらなければならず、あまりの忙しさにとうとう体を壊してしまいました。このままじゃいけないと思いつつ資格を捨てるかどうか悩みに悩みましたが、やはり私にとって健康が何よりだと思って、転職する決心をしました。そんな時に新聞の折り込みの求人情報で三和交通が目に止まりました。ドライブも人も好きだし、タクシードライバーをやってみるかと思い立って応募しました。

入社の決め手は?

正直言って、それまであまりタクシーに乗りたいと思ったことはありませんでした。どこか横柄で乗った後の印象が悪い。ところが面接に行くと、とにかく接遇マナーを徹底的に重視している会社で、三和交通指名のリピーターがとても多く、お客様の立場に立つという理念が明確で、とても信頼できる会社だなあという印象が強く残りました。私はこういう会社こそ、求めていたので、接遇マナーへのこだわりが、この会社に入った一番の決め手です。

実際に三和交通に入社してみていかがですか?

想像していた以上に本当にきちんとしている会社で驚きました(笑)。接遇マナーをここまで徹底的に実践しているタクシー会社は他にないと思いますよ。こういう会社のタクシーなら自分も乗ってみたい。また自分もそう思われるようなタクシードライバーになろう、とやる気がふつふつと沸いてきました。乗務についてみて、感じることは、タクシーは一期一会のご縁であり、そこがダイナミックで楽しくて仕方がない。二度と会わないお客様がほとんどですが、老若男女、いろいろな方とお話しできて、充実した毎日を送っています。

気をつけていることは何ですか?

まず車をきれいにすること、身なりをきちんとすること、そして言葉遣いを丁寧にすることの3点です。これが基本中の基本だと思います。これだけはどんなことがあっても守っています。やはりお客様にいつでも気持ちよくタクシーをご利用いただきたいですからね。それを守ることが会社の信頼にも繋がるし、タクシー業界の印象を良くすることに繋がると思っています。

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

私自身が感謝する気持ちを持つ時ですね。例えばタクシーの基本料金は710円ですが、これは2キロ走っても1キロでも同じです。1キロの時は、実質は355円ですが、残りの355円はお客様に負担していただいている。710円いただけるってありがたいこと。非常に良いお客様で、こちらも楽しくお話しできれば、これも感謝。感謝する心があれば、とても充実してやりがいのある仕事です。今まで一番嬉しかったのは、精算の時に、「とても気持ち良かった。ありがとう」と言われた時ですね。運転の仕方もあるのでしょうが、やはり会話や接遇マナーだと思います。

三和交通志望者に一言!

当社は、とにかく接遇マナーを大切にする会社です。それが面倒だという方には向いていないかもしれませんが、自分がお客様の立場に立って、乗る側で考えたらこれほど素晴らしいタクシー会社はありません。やる気があれば、必ずそれに応えてくれるし、アットホームで雰囲気もとても良い会社です。良き仲間が増えてくれると嬉しいですね。